カードローンの審査基準とは【比較】

MENU

カードローンの審査基準とは【比較】

サービスを提供する業者によって、カードローンの審査基準は異なります。
これにはきちんとした理由が存在します。

 

カードローンの審査基準が業者によって異なるのはどうして?

なぜ審査基準が異なるのかというと、提供する業者によって準拠しなくてはいけない法律が異なることが原因となっています。
そのため、適用される法律に基づいたカードローンを提供する必要があり、その結果業者によってカードローンの審査基準が変わってくのです。

 

2つのカードローン業者の審査基準について

カードローンを提供する業者は、大きく分けて二つ存在します。
一つは、銀行などの大手の金融機関で、もう一つが一般的な消費者に対して少額融資のサービスを提供している貸金業者です。

銀行系カードローン

銀行は、融資のサービスを提供するときに厳しい条件を消費者に対して要求するため、融資を受けるために様々な書類を提出しなくてはいけません。
反面、厳しい審査基準を突破したときには一般的な消費者であっても数千万円と言うお金を貸してくれることになります。
そして、貸金業者ではお金を貸す金額が少額である代わりに審査の基準が非常に簡単になるという側面を持っているのです。
法律によってあらかじめ決められた上限を守る限り、その範囲で好きにお金を借りて良いというメリットがあるため、審査に関しても難しい書類を提出する必要は一切ありません。

 

消費者金融系カードローン

消費者金融では銀行の審査に通らない人もターゲットにしているので、銀行に比べて審査が甘い傾向があります。過去にクレジットカードなどの支払いで延滞をして個人信用情報に傷がついていると銀行の審査には通りにくいですが、消費者金融ではそういった人でも審査に通ったという話をよく耳にします。

 

それぞれ適用される法律

銀行に関しては、包括的な業務を遂行するための銀行法という法律が適用され、貸金業者には貸金に特化した貸金業法という法律が適用されます。

 

カードローンの審査基準は、完全にこの二つの法律によって分かれることになるため、実際に申請をするときにはこの二つの違いを理解しておくことが大切になるのです。

 

カードローンの比較

上手にカードローンを利用していくうえで、金利を比較することは基本です。
各社はカードローン情報においてどのくらいの金利設定にしているのか公開しているので、それを各社で見ていけば簡単に比較することができます。
このカードローン低利息を選ぶのは間違いではありませんが、さらに詳しく金利情報を見比べておかなければ大失敗することがあります。

 

カードローンの限度額を比較することが大事

カードローンには限度額があります。
10万の限度額と200万の限度額では、その会社における金利の適用利率は違います。
どちらが低金利かというと200万借りるときです。
つまり、限度額によってどのくらいの金利になるのかが変わってくるので、これをしっかりと覚えておき、そのうえで各社で比較しなければなりません。

 

カードローンを比較する際のポイント

まずは自分がいくらお金を借りたいのかを考えます。
10万の限度額を希望するなら、いくつかの会社において10万に対していくらの利率を適用しているのかを比較します。
こうして各社のカードローンの金利を比較しながら検討していくといいでしょう。

 

金利の低さだけでカードローンを選んではいけない?

一般的に10万円を借りる場合でも、各社の下限利率を見て一番利率が低くなっている会社を選んで利用する人が多いです。
しかし、こうした比較の方法は全く意味がありません。
あくまでも、カードローンは自分が借りる金額に対してどのくらいの金利が適用されるのかを比べなければ、その意味がないことを覚えておきましょう。
これは難しい作業でもなく、インターネットを使えば簡単に各社の公式サイトを見ることができるので、簡単に把握できます。

カードローン会社を比較したい時は


カードローン比較表へ


その他の人気記事一覧♪

【今すぐ借りたい!】最短・即日融資に対応したカードローン
【比較して調べたい!】みんなに人気のカードローンとは?
【なるべく金利を抑えたい!】無利息サービスのあるカードローン
【初めてでも安心♪】あなたに合ったカードローンの選び方
更新履歴